【GOプリンセスプリキュア】この変身シーンかっこよすぎるだろwwwwwwwwwwwwwwwwww【ゴープリ】

20/04/28(火)

一番好きなプリキュアはるはる

20/04/28(火)

余もはるはるが一番好き

20/04/28(火)

某もはるはるが好きでござる

20/04/28(火)

なにこれすげえ
かっけえ

20/04/28(火)

>なにこれすげえ
>かっけえ
今すぐ38話と39話を見るんだ

20/04/28(火)

普段の変身はテツandトモみたいな動作が入るのがちょっと面白いのだ

20/04/28(火)

バンクなしの最高にカッコイイ変身きたな…

20/04/28(火)

こういう通常時の頭部とプリキュア衣裳の組み合わせって良いよね

20/04/28(火)

太い眉いいよね

20/04/28(火)

フローラは戦い方が正統派プリキュアって感じがする

20/04/28(火)

打撃で花びらが舞う

20/04/28(火)

冷たい檻に閉ざされた夢…返していただきますわ
お覚悟はよろしくて!
いいよね…

20/04/28(火)

ごきげんよう…

20/04/28(火)

めっちゃかわいい

20/04/28(火)

たぬき様

20/04/28(火)

クローズとのライバル関係みたいのがとてもいい

20/04/28(火)

カメラがついてこれない演出好き

20/04/28(火)

プリキュア5大バンク無し変身はるはるな

20/04/28(火)

声がいいよ声が

20/04/28(火)

普通の変身バンクもシリーズでトップクラスに好きだわ…特にBGMとコーラスがいい

20/04/28(火)

>普通の変身バンクもシリーズでトップクラスに好きだわ…>特にBGMとコーラスがいい

一通り着替え終わった後の花びらがぶわ~ってなる所良いよね…

20/04/28(火)

バンク無し変身は基本かっこいいからずるいんだ

20/04/28(火)

はるはるは花でプリンセスでヒーローと欲張りセットなのがいい

20/04/28(火)

花びらいいよね…

20/04/28(火)

トゥィンクルとマーメイドがはるはる親衛隊みたいになってる…

20/04/28(火)

困った時のプリキュアミーティアハミング

20/04/28(火)

応援が似合うプリキュアだと思う

https://tsumanne.net/si/data/2020/04/28/6451143/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無しさん より:

    レッツゴープリンセスって小声で言うの好き

  2. 名無しさん より:

    確かクローズは復活する予定は無かったんだっけか。でも魅力的でそれなりに人気あったらしいから結果ラスボスになったんだっけ?

    • 名無しさん より:

      ディスピア様役の榊原良子さんが「いい演技というのは、こういうものだと思う」って真殿さん褒めてたね

    • 名無しさん より:

      関係者間で人気あったのもあるし声優の熱演が気に入られたってのもある
      結果延命で大正解だったわな
      れいかにおけるジョーカーといい絶対に相容れないけどどこか理解してる部分があったり執拗に狙う因縁があったりする関係があるの好きだわ
      スマ小説でもれいかだけはジョーカーの罠に気付くと信じていたからなのか他の4人は放置だったのにれいかだけは直々に潰しに来てたりクローズの中のはるかもだけどこの手の関係ってどこか相手の事を信じてる部分があるんだよな
      「奴ならこれくらい突破してくるだろう」的な

  3. 名無しさん より:

    ヒロインよりヒーローだよなはるはる
    俺が理想とする主人公そのものだったよ

  4. 名無しさん より:

    はるはるのこれとまこぴーの歌いながら返信するやつはマジで痺れた

  5. 名無しさん より:

    全然関係ない話するけど、今、アマプラで無印,MH,SSが無料で公開されてる!!

  6. 名無しさん より:

    作品としては遊びが少なくてちょっと好みから外れるけど
    はるはるはヒロインとヒーローが同居した魅力的なプリキュアだよね

    自分の夢と向き合って立ち上がるこのシーンは
    「可愛くてカッコいい」プリキュアらしい最高の場面

  7. 名無しさん より:

    バンク無し変身って他に何あったっけ
    れいかVSビューティ回とスタプリの最終回のアカペラ変身は思いついた

    • 名無しさん より:

      ハグプリのはなが対ジョージ戦で走りながら変身とかあったよ。

    • 名無しさん より:

      レジーなが出てきた時まこぴーが出たなレジーナプリキュアラブリンクって一瞬で変身したことあった

      • 名無しさん より:

        たぶんそういうただまるまるカットしたやつじゃなくていつものバンクとは違う演出の変身ってことかと

        SSの劇場版でもあったな

    • 名無しさん より:

      フレッシュで、イース様との最終決戦の時もバンク無しやったな。
      ぺかーって光っただけ。

  8. 名無しさん より:

    本来は一瞬で変身してる説
    (視聴者サービス)
    じゃなきゃ不意打ちし放題だし

    • 名無しさん より:

      ライダー1号の変身もどう見たって数秒時間かけてポーズして変身してるようにしか見えないが実際はコンマ数秒って設定だからね…
      変身モノは大体そんな感じなんでしょうよ

      • 名無しさん より:

        初代はデュアルオーロラウェーブ中はバリアで包まれててバリアでの攻撃可能
        って後付けっぽい演出があったね

      • 名無しさん より:

        宇宙刑事ギャバンなどは0.5秒と言ってました。では、もう一度見てみよう。

    • 名無しさん より:

      ハトキャでそれに対して敵が言及してる場面なかったっけ
      ハトキャ限定説もあるけど

    • 名無しさん より:

      プリアラのいちかちゃんが茂みに隠れて1秒足らずでホイップになって出てきてたし、あれが実際の速度なのかも

  9. 名無しさん より:

    体だけ変身後だと変身前のぶs…普通な女の子感が際立ちますね

  10. 名無しさん より:

    37話の演劇発表会の時点ですでにはるかの強さに対する信頼が極まってたから、38話で絶望した時も実はあんまり心配してなかった。
    彼女なら自力で立ち直るやろうなって。
    それでも39話の変身は予想以上、期待以上に格好良かった。
    この娘はいつも期待以上の成長、答えを見せてくれる。

  11. 名無しさん より:

    過去から現在への過程を一瞬で表現した変身シーン。観た時身震いしたわ。

  12. 名無しさん より:

    このシーンの前の、子供の頃の自分に
    「ありがとう あなたが夢見てくれたから、私今こんなにも幸せだよ」って言うシーンだいすこ

  13. 名無しさん より:

    なんてこった 俺の大好きなはるはるメインのスレかよ
    あのぶっといふくらはぎでの強烈な蹴りがええねん

  14. 名無しさん より:

    復活のFってワードを当てたセンスすき

  15. 名無しさん より:

    変身後なのに名前で呼び合ったり、
    この場にゆいちゃんもいるものいいよね。

    • 名無しさん より:

      変身後に名前で呼んでるのは仮面ライダー、スーパー戦隊、実写版セーラームーンは確実。

  16. 名無しさん より:

    元々はるはるはTOP3に入るレベルの推しだったけど当時これを見た時から個人的に永遠のNo.1になった

  17. 名無しさん より:

    プリンセスが初回からどんどん成長して自立していく主人公だったのに対して翌年の魔法は初回から大して成長しないまま最終回を迎え、依存してしまう相手が増えた分むしろ初回に比べて退行してしまったんじゃないかって対局過ぎる主人公の対比は狙ってやったんだろうか

    • 名無しさん より:

      個人的には努力家のはるかと天才型のみらいという感じだった

    • 名無しさん より:

      関係のない作品を悪意を持って貶めるためにGoプリを利用する奴って最悪だな。
      Goプリをも汚してることがわかんないのかね

      • 名無しさん より:

        同シリーズの上前後作品なんだから関係無い作品って訳でも無いだろう
        貶めるように見えてるのか?作品のテーマや関係が違うんだから成長する事しない事がそれイコール良い事悪い事にはならんだろ
        俺には対局にした理由があんのかと書いてるように見えんが。貶めるように見えてるのは自意識過剰なんじゃね

        • 名無しさん より:

          「成長しない」「退行」というネガティブワードが引っ掛かるんじゃね?

        • 名無しさん より:

          成長してない、退行してるといえば物語終盤の闘いの最中に「難しいことはわからない」なんて駄々こねて見苦しく延々と泣きわめいてた5馬鹿のことじゃねーかな。
          …..
          これも関係ない作品を貶めてるようには見えないよね?

          • 名無しさん より:

            何で一々「馬鹿」とか攻撃的ワード絡めてくるんだか
            「事実じゃん」とか言うんだろうがそれも含めて貶めというか挑発だわ
            まあこういう自意識過剰特定厨が無自覚に荒れる要因作るんだろな

          • 名無しさん より:

            あの5人は馬鹿なんかじゃない!無能なシナリオと演出の被害者だ!

    • 名無しさん より:

      まぁ翌年に逆張りすることはあることだろうからね。最近でもハグプリの後のスタプリは同じ多様性を扱ってたけど、真逆の考え方だったしね。
      まほプリは、永遠の友達というか、変わらぬ友情の大切さとかを描きたかったのではないかな?多分。個人的には遊んでるだけにしか見えなかったけど。まほプリは退屈過ぎたな。

  18. 名無しさん より:

    この38話39話のせいで、Goプリの秋映画は存在感が薄くなっちゃたんだよな。

    この変身シーンの後の戦闘シーンも恐ろしいくらいカッコいいん。

  19. 名無しさん より:

    38話と39話の間で1週休みだった事実
    自分は一気見だったけど当時リアタイ視聴してたら発狂してたわ

  20. 名無しさん より:

    中一とは思えないぐらい精神が完成してるよなあと見る度に思ってしまう
    ゴープリに関してはどのキャラも成熟していて高校生設定にしてもいいんじゃないかと思うぐらいだったけどお姫さまと言うモチーフを考えたら中学生が丁度いい感じか

  21. 名無しさん より:

    眉毛まで金髪になる白人コンプレックス

  22. 名無しさん より:

    勝手に絶望して勝手に復活しただけって感じであんまりこの辺の話は好きではなかったな

    キャラデザもいまいちだけど演出はかっこいいと思う

  23. 名無しさん より:

    キャラデザ公開から放送が始まるまで誰もこんな格好よく戦うプリキュアとは思わなかっただろうな。
    フローラは真正面からの肉弾戦を仕掛けていくストロングスタイルでめっちゃ好き。

  24. 名無しさん より:

    最初はありふれた普通の中学生っぽかったのに
    1年とおしてすげぇ努力して色んなことを身に付けていった主人公キュアってけっこう希有だよね
    プリキュアとしての成長だけじゃなくて、中学生としてもかなりハイスペックになっていく様が素直にすごかった

  25. 名無しさん より:

    必殺技のCGだけが残念でならない

  26. 名無しさん より:

    最初は普通の女の子(たぬき)だった
    つまずいて乗り越えるたび努力と不屈の心でこの子絶対やり遂げるやんという信頼感が生まれていくの良かった
    成長度がとんでもない主人公

  27. 名無しさん より:

    ラストバトルが魔法つかいプリキュアよりよっぽど魔法使いしてた

    • 名無しさん より:

      魔法陣バリアがすげぇカッコいいんだよな
      素でリーストルビヨンみたいなの出したり必殺技ですら無いただの掌底でクローズを浄化させたり初期から存在が示唆しれた究極スタイルなだけあってそれに恥じない強さだった
      ウルトラプリキュアとか最終回のトゥインクルスタイルとか強化フォームでバトルシーンあるのって良いよね。必殺技専用フォームみたいな扱いにしてた作品はすげぇ勿体ないと思う

    • 名無しさん より:

      話の引きで出てたあの四隅レースの使い方天才だよね

  28. 名無しさん より:

    このシーンで流れる「プリンセスの条件」がマジでヤバい。
    曲が入る瞬間の覚悟を決めた戦士の顔になるところがかっこよすぎ。

  29. 名無しさん より:

    女の子の憧れ上位「お姫様」ではるはるがなりたい夢分かるw
    成長度ナンバー1主人公だわww次点ではな辺りか?

    • 名無しさん より:

      成長度っていうか増長度は歴代ナンバーワンだよな
      2番手に鼻が出てくるあたりもわかってらっしゃふ

  30. 名無しさん より:

    敵を殴る度に花弁が舞う女

  31. 名無しさん より:

    客演すると素の地味さが際立ってしまうのは残念だけど、物語の進行と共に凄まじく成長する主人公として完成され過ぎている!

  32. 名無しさん より:

    はるはるの目指す「お姫様」が宮沢賢治の「雨ニモマケズ」なみに過酷な件。