【スタートゥインクルプリキュア】えれなの笑顔についての様々な考察!!【スタプリ】


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無しさん より:

    記事にある通り家庭環境に起因するものだからどう解決するのかね。
    たとえ母親が仕事を減らしたり辞めたりしても今度はそれが自分のせいでってまた抱え込むだろうし。

  2. 名無しさん より:

    サボローに見せた笑顔も偽りの仮面、という非情な現実
    数回しか接していないテンジョウにすら見抜かれているくらいだから、学校の取り巻きも内心では「見せかけだけ取り繕っている、中身の無いカラッポな笑い」と思っていそう

    • 名無しさん より:

      また勝手に拡大解釈するアホが
      家族関係の事はそうなってしまっているってことを理解できない可哀相な脳みそですね

    • 名無しさん より:

      いや全部が全部仮面じゃないし学校のみんなも「見せかけだけ取り繕っている、中身の無いカラッポな笑い」とは思ってないと思うぞ
      仮にそうならひかるなりユニなり仲間からもとっくに指摘されてるだろうし

      • 名無しさん より:

        アンチだろ
        相手にするだけ時間のムダ

        • 名無しさん より:

          なんか、ツイッターか何かで
          「反応があるの面白いから暇潰しにアンチコメントするの面白~いww」って言う友人がムカつくってツイートがあった。

          本当に反応が欲しいだけの理由でアンチコメントする奴は実在する。

          上のコメントもそれだろう。
          相手するのは本当に時間の無駄だぞ。
          叩いても論破しようとしても賛同してもこいつはヘラヘラ喜ぶだけで何も変わらないからな。

  3. 名無しさん より:

    なんで全部が偽りみたいな発想になるんだろうな
    ガイジ、またはえれなパイセン叩きたいだけのアンチ

  4. 名無しさん より:

    家族への笑顔が母親を不幸にする原因だが、それでも笑顔でいなければならないこのエグさよ

  5. 名無しさん より:

    ドーナツを悩んだ末に全部食べたひかるに無理やり擬えるなら、笑顔だけでなく、怒りも悲しみも負の感情も全てコミュニケーション取るためには必要ってことかな
    テンジョウ先生が言っていたことでもあるけど

  6. 名無しさん より:

    家に帰り着いたときに自分の頬を叩くシーン、あそこで仮面を付けちゃってるんだよな

  7. 名無しさん より:

    結局テンジョウの思惑通りに終わったわけで
    今回は勝負に勝って試合に負けたってところですな

  8. 名無しさん より:

    えれなはまどかに前回、どこが一番笑顔になれるかで決めればいいとアドバイスしたけど、自分はプリキュアの仲間と別れる時も顔は見せず、家に帰る時は頬を叩いて笑顔を作るという

  9. 名無しさん より:

    今回もえぐかったな~この心情で一週間過ごすのは結構きつい
    次回まで我慢だけど来週の話の方がえぐそうだな~

  10. 名無しさん より:

    えれなとまどかはキャラ設定が出た時から一見ニコイチに見えてたけど、
    変に序盤からベタベタ絡ませずに、終盤になってお互いのいいところをわかった上で積極的にお互いの進路の話に絡ませるようになってるのがめっちゃ頭のいい脚本って感じするわ
    正直えみるとルールーよりもお互いへのリスペクトと愛を感じる

    • 名無しさん より:

      終盤過ぎてむしろ今さらやるのって感じだな
      観星中の太陽と月って言われる先輩二人の絡みをもっと早く見せてほしかったし、えれな関連は個人回もテンジョウとの件も急に詰め込んできて、すべてが遅いところがすごく残念

      • 名無しさん より:

        最初はひかる達の成長を促す役目、次に自分達が成長しなきゃいけないっていう流れになるのは良いと思うんだけどな
        まどかとえれなが元々そんなに仲が良かったわけでもないってのもあるし

      • 名無しさん より:

        前半は個人絡みと宇宙のエピソードやって土台造りしてたから二人の関係性まで絡める余地がなかったんじゃないの
        テンジョウ絡みが遅かったのは同意

        • 名無しさん より:

          えれなは家族の世話や花屋を嫌々やってきたわけではなく、それが楽しくてやってきたのは、はっきり今回、まどかに言っている
          でも、ケンネル星やサボローとの経験を経て、異文化交流の楽しみを知ってしまい、終盤になって迷いが出たという展開
          今まで完璧だからこそ、解決には時間が掛かる

          メタ的には最初から綱渡りのまどかや大人ぶってるララが危ういから、えれなはお姉さんとして彼女を支えないといけないし、アイワーンがユニしか狙わないから、テンジョウまでえれなストーカーになったら話が回らなくなってしまう
          プリキュアの文法上、毎回バトルを入れないといけないし

  11. 名無しさん より:

    えれなとめぐみは近い性質を持っているのではという感想があって納得するものがあった
    周りに心配かけまいと本音を抑えて一見何事もなく過ごしているという意味では共通してるのかもしれん
    ただめぐみは器用ではないしその危なっかしさを心配する仲間たちがいるけれど
    えれなは人間関係を含め大体の事は完璧にこなしてしまえるぶん更に難しい感じがある