スタートゥインクルプリキュアがもうすぐお別れだと思うと辛い耐えられない・・・【スタプリ】

19/12/31(火)

来年お別れだと思うとつらい耐えられない
ずっと2019年が続けばいいのに

19/12/31(火)

>ずっと2019年が続けばいいのに
何が悲しいって
ひかるちゃんたちが絶対にそれを望まないことだよ

19/12/31(火)

>ずっと2019年が続けばいいのに
春映画がそんな感じの内容っぽいぞ!

19/12/31(火)

>>ずっと2019年が続けばいいのに
>春映画がそんな感じの内容っぽいぞ!
ビューティフルドリーマーみてえ!

19/12/31(火)

映画を観よう

19/12/31(火)

お別れルン…

19/12/31(火)

星に帰るルン…

19/12/31(火)

再来年までは春映画で会えるさ

19/12/31(火)

どういう決着をさせるのか未だに分からない
今更地球は星空界とは永遠の別れルン…とかやらないだろうし

19/12/31(火)

ララルンとはお別れはないかもしれんけど
フワとは確実にお別れじゃないかなって気がして結構辛い

19/12/31(火)

どうせ2か月後には別のプリキュアに夢中になってるし来年の今頃には同じこと言ってるんだ

19/12/31(火)

>どうせ2か月後には別のプリキュアに夢中になってるし来年の今頃には同じこと言ってるんだ
新しいプリキュアはそれはそれで楽しむけど悲しい別れは悲しいんだ

19/12/31(火)

今年はイマジネーションがテーマでとにかく外へ外へ広がっていくイケイケなノリだし
悲しい別れがあってもその回のうちに再会するくらいはやってくれるはずだ

19/12/31(火)

種族の違いによる別れは映画でやりきったようなところあるし
違う着地点を見出しててほしいところではある

19/12/31(火)

ひかるちゃんに会えなくなるのも辛いし
オヨルンが「ひかる~!」って呼ぶのが聞けないのも辛い

19/12/31(火)

やってる1年の内は宇宙だろうが時代が違おうがミラクルライトの力で問答無用で駆けつけてくるのに
1年終わると留学する人とか別世界に帰る人らはお別れで精神おかしくなる

19/12/31(火)

人並みに弱くなったひかるちゃんがどうなるかも気になるけど
プルンス氏が幸せ手に入れられるかも結構気になる

19/12/31(火)

2人を出合わせた宇宙が2人をはるか光年の彼方へ引き裂く壁になるんだ…
それでひかるが宇宙飛行士になって今会いにいくからねするんだ…
ひねりもなんも無さすぎるけどそんなんされたら俺は泣く

19/12/31(火)

オカルト方面にも振れるように設定しておいたけど宇宙だけで事足りた感があるね
人間が魅力的すぎて

19/12/31(火)

もう新しいプリキュアの宣伝が始まってて寂しくなる

19/12/31(火)

ひかるちゃんが先輩になるのか…全然全く問題なさそうだな!

19/12/31(火)

東映アニメーションを買い取ればいいルン!
ずっとスタートゥインクルプリキュアだけ作らせるルン!

19/12/31(火)

経営規模は膨らんでいくので無理であります
現実的じゃないわララ

19/12/31(火)

ひかるちゃんメンタル的には我が魔王っぽいとこあるから先輩としては頼もしすぎるよね…

19/12/31(火)

ひかるはデネブなので

19/12/31(火)

ひかるちゃんはピンクとしてどころかプリキュアメンバーとしてかなり特殊な精神性の持ち主になった

19/12/31(火)

とりあえず終わってくれなきゃ感謝祭は楽しめない

19/12/31(火)

オヨルンがインパクトあったのって最初だけだったな
蓋をあけたら普通のキャラだった

19/12/31(火)

>オヨルンがインパクトあったのって最初だけだったな
>蓋をあけたら普通のキャラだった
宇宙人だけど常識人のララと地球人だけどぶっ飛んでるひかるっていう対比の描き方にしたって言ってた

19/12/31(火)

常識人ではあるからな…

19/12/31(火)

もはや扱いとしてはマスコットキャラだもんな…

19/12/31(火)

かわいいかわいいオヨルン星人
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無しさん より:

    スタプリのメンバー5人はトゥインクルイマジネーションという、生きる上での信念を手に入れた。それは5人全員がピンクを務められるような頼もしさになってる。だから俺から見ると、全員がピンクに見える。
    ひかるは最初からピンクだけど、もうピンクを超えた何かになってる。これから生まれてくるプリキュアにとっての、南十字であり北極星になるんだろう。

    • 名無しさん より:

      このコメントにすごく共感。
      スタプリにおけるトゥインクルイマジネーションって、言っちゃえば己の強さとか信念を確固たるものにしたことの可視化なのかなって感じる。
      だから、歴代のピンクキュアがそれぞれ持っていた確かな信念とかを、スタプリ組は各々が持っていると感じれる様に描かれてと思う。

  2. 名無しさん より:

    先輩風吹かすスタプリ勢…楽しみだ

  3. 名無しさん より:

    僕だってこのメンバー(スター、ミルキー、ソレイユ、セレーネ、コスモ)との別れは本当寂しいです。
    ホントに一年間良く頑張りましたね!
    ただ、3月20日には「プリキュアミラクルリープみんなとの不思議な一日」が公開される。春の映画での活躍に期待しよう。

  4. 名無しさん より:

    はじまった当時桃色、黄色、紫色をバカにしてた発言多い奴等だったのに
    いざ終わると悲しいとか手のひらクルーで本当に好きなの?と言いたいわ

    • 名無しさん より:

      そら1年通してみんなが好きになった人もいるでしょ
      それにララだけが好きでスタプリ最高!って言っててもいけないことじゃないしね

  5. 名無しさん より:

    閉じた自分世界でさいつよだと思ってたガキが、他人とのふれあいを通して自分を卑下するようになったと思ったら、「私は私!」と劣等感を捨て去って最強のバブみを手に入れた

    • 名無しさん より:

      ひかるは閉じていたかな?
      クラスメートとの描写は殆んど無かったけど
      そのコメントはどっちかというとオヨルンの方が合ってる気がする

  6. 名無しさん より:

    ひかララとお別れしたくないぁ
    僕はこの2人に出会えて凄い良かったお別れをするのは凄い寂しいけど僕はひかララの事をは忘れないでいたいです。!

  7. 名無しさん より:

    個人的に、敵を説得して浄化にはかなり無理矢理感があったから、あまり楽しめなかったかな…
    敵幹部の背負ったものが重すぎる分、プリキュアメンバーの人生経験の浅い中学生くらいの立場からだとやっぱり不足感否めないよなぁと。(近年のプリキュアで一番気にして見てること。)

    • 名無しさん より:

      敵はブンビーさんくらいの卑劣さとコミカルさでちょうど良いよな
      あまり重いと倒したくなくなる

    • 名無しさん より:

      カッパードもテンジョウも力押ししただけだしな
      でもそこは幼女向けだからご都合になるのも仕方が無いのかも
      後はそれを補えるよう前回のひかる/キュアスターぐらいエッチに見えるシーンを入れてくれれば…

    • 名無しさん より:

      カッパードもテンジョウも浄化されるどころかダークネスト様によって魔改造され更に闇落ちしてそうだよ

    • 名無しさん より:

      カッパードもテンジョウもまだ浄化されてないよね

      • 名無しさん より:

        はい。浄化も納得もしてないですね。
        ついでにアイワーンとユニの溝も埋まってません。
        あれで救えたわけでもない。

        個人的に、敵がなぜ闇落ちしたのか、それに対してヒーローはどう答えを出して、救うなり倒すなりするのかは、ヒーロー物の醍醐味なので私はそこに注目したいんです。

        今シリーズは、ちょっとそこが希薄な気がします。学園生活描写も希薄、宇宙に出てばかりでしたが時差みたいなものが一切なく、なんというか、仲間内だけで楽しんでいた感が否めなく、他の人との絆的な描写をされても「あ、はい…」くらいにしか。
        後1カ月で全てを回収できるとも思えませんし、今シリーズはちょっと残念だったなって印象なんです。

        • 名無しさん より:

          スタプリに対する評価に大きな溝があるんだね
          宇宙ものが好きで2001年とか色々見るんだけど
          リアリティを追求するならインターステラー 並みに作りこんでもらいたい派

          そのインターステラー でもガバガバなとこあるけど
          悲しいことではあるが子ども向けのアニメでガッチガチのSFやっても誰も見てくれない

          スタプリのように割り切ってファンタジー的に見せるのはむしろ斬新だった
          時間差に関しては星空界と地球には光の速さで10年かかると
          説明されていてフワのワープ能力を使ってのみ距離と時間を超えることが出来ると説明されていて  
          うまくストーリーにいかせていると大いに評価してるけどなあ

          ダークネストのみフワと同じ能力をもっていることが最終回に向けて
          焦点になっていくのかなと思ってるよ

          キャラ同士が仲間内だけで楽しんだりベタベタしてる印象はスタプリにはないね
          これまでのプリキュア では異質なくらいウェットすぎずドライすぎず
          学校の描写やクラスメイトとの関係も含めて程よい距離感が感じられて積極的に評価してるくらい

          距離感の描き方がスタプリは絶妙でそこが画期的だと思っています

        • 名無しさん より:

          宇宙のファンタジー感とノリの良さにハマったのであなたの書いたことが全て達成されていたら僕は好きになれてなかったでしょうね。
          子供向けのアニメですしできるだけ楽しい場面やメンバー間の絆を深める描写に時間を割くべきだと思います。
          スマイルからずっと見てきましたが1、2位を争うぐらいスタプリが好きです。

          • 名無しさん より:

            あなたも地味にスマイルからなんですか…実は私も同じです。
            スマイルはスマイルで、エンタメ性に富んでいて楽しめたんです。ヒーロー物としては薄っぺらですが、「プリキュアはこんな感じなのかな?」という偏見じゃないですが、受け入れやすいキャラ物的な、それぞれの個性が光ってて楽しかった。
            ただ、以降のドキプリやGOプリみたいに内容重視、過去シリーズもある程度見てフレプリやハトプリみたいなシナリオしっかりしたシリーズを見ると、どうも今回は浮いて仕方ないといいますか…
            ハピチャやプリアラみたいなのはとにかく合わないようです。

            今作はキャラ売りでもなく、シナリオでもなく、エンタメ性もなく、ヒーロー物でもなく、中途半端な感じがしました。

    • 名無しさん より:

      本作は従来のプリキュアに良くあった
      「敵を倒せば不思議な力で何もかもが元通り~♪」
      って描写は一切やってないんだよね。
      戦闘に巻き込まれて壊れた物は壊れたままだったり。

      そこにも何か意味があると思うのよ。
      ノットレイダー側の幹部が各々失った物はもう戻って来ない
      って部分を際立たせる為…とかね?

  8. 名無しさん より:

    るんと光の別れ話は涙無しでは見られない
    全日本が泣いた

  9. 名無しさん より:

    スタプリのキャラデザがほんとに好きだからもっともっと観ていたいよ・・

  10. 名無しさん より:

    僕もキュアセレーネとの別れは辛いよ!
    何回も何回も叫ばれた「セレーネェェェェェエ・アローーーーッ!」が聞けなくなるのは哀しいです!責めて4回中2~3回ぐらい叫んでほしいです!

  11. 名無しさん より:

    ディシディアプリキュア的なゲーム(非ソシャゲ)出てくれればDLC買いまくるのに

  12. 名無しさん より:

    バラバラに動いているようであって、ちゃんと目指すべきものはチームとしてあり、いざという時は駆けつけるスタイルが通されていて、それが個々に輝く星々と重ね合わせるような描写が好きだった。

  13. 名無しさん より:

    本当に好きならば十分ロスればいい
    ひきずったっていい
    八つ当たりで次作をけなしたりしなければね
    次作が肌にあうかどうかはまた別の話

    • 名無しさん より:

      >本当に好きならば十分ロスればいい
      ひきずったっていい
      八つ当たりで次作をけなしたりしなければね

      本当にそうだな
      これだけ好評だとそういう心配がでてくるからな

  14. 名無しさん より:

    今までのピンクキュアのなかで、ひかるちゃんが一番好きすぎるよw

  15. 名無しさん より:

    2021年にスタプリの続編や第2期を放送スタートしてほしいな。

  16. 名無しさん より:

    まさしく昨年は、プリキュア維新の年。
    大革命が起こった年。

    その革命児ともいえるひかララ達の引退は、超大物プロ野球選手や角界の大横綱の引退に値するはず。
    もし彼女達5人がプロ野球選手だとすると、その背番号は永久欠番になるかも。

    それだけのレベル、ということ。